天城軍鶏という食材
天城軍鶏という食材説明イメージ

天城軍鶏は決して「柔らかい肉」ではない。天城軍鶏は、料理人が料理をしたくなるようなバランスの取れた「おいしい肉」を目指している。ブロイラーの3倍以上の時間をかけ、平飼い鶏舎で育てられている天城軍鶏は、歩き回って自由に動いている分当然筋肉が体につく。しっかりと大地を踏みしめるその姿は、雄々しく大きく、美しい。そしてそうやって自由に育った肉は、噛みしめるたびに旨味がじゅわっと口の中で広がる。食べて自分で判断してほしい。肥沃な天城の土地で、飼料から試行錯誤を繰り返しながら作り上げられた天城軍鶏という食材を、楽しんで料理して味わっていただきたい。

食餌イメージ

食餌

天城軍鶏の飼料は、天城の名産、山葵の葉茎をはじめ、豆腐店から出る豆乳、米農家からの飼料米など、飼料を生産農家から厳選して仕入れています。これらの飼料を毎日食べる天城軍鶏の肉質は強く丈夫に育ち、芳醇な香りと臭みのない味わいを作ります。

水風イメージ

水風

鶏舎は、強い風が吹き通る天城の山間にあり、すぐ横に狩野川が流れています。山間からの強い風は鶏舎内をすみずみまで吹き渡り、空気を清浄に保つ役割を果たします。また、狩野川の流れは適度な湿度を保ち、その清涼な水を飲んで天城軍鶏は育ちます。

平飼イメージ

平飼

天城軍鶏は広い平飼い鶏舎でブロイラーの3倍以上の時間をかけて育てています。自由に歩きまわることの可能なストレスのない環境は、ほどよく筋肉のついたバランスの良い肉質と旨味のある脂を作り、噛みしめるたび深い味わいと脂の旨味が広がります。

〆イメージ

〆

軍鶏がどのような状態で出荷されるかは肉の味を左右するため、非常に重要です。堀江養鶏では天城軍鶏専用の自家処理場を有しています。自家処理場のあるこの規模の養鶏場は非常に珍しく、お客様のご要望によって最高の状態でお届けすることが可能です。